Semalt:ウェブサイトから日本のSEOスパムを特定して削除する方法

2017年、SEOのスパマーは1分も眠っていなかったようです。Googleの検索結果を乗っ取り、検索結果に自動生成された日本語テキストを作成するための新しい手法が使用されています。この手法を使用すると、ランダムに作成された日本語の単語が、攻撃されたサイトのタイトルと説明に表示されます。多くのユーザーがこの問題に遭遇し、「日本語SEOスパム」、「日本語キーワードハック」、または「日本語検索スパム」と呼んでいます。

これらのスパミングサイトは、偽の商品を販売するストアと提携していることが判明しています。ハッカーは通常、Search Consoleでプロパティ所有者として自分自身を追加し、サイトマップなどのサイトの設定を操作します。したがって、誰かがSearch Consoleでサイトを確認したことが通知され、それが誰であるかわからない場合は、サイトがハッキングされている可能性が高くなります。

アンドリューDyhanのカスタマーサクセスマネージャーSemaltは 、日本のスパムをブロックする方法を指定します。

Webページでの日本のSEOスパムの特定

サイトがこのスパムに感染している疑いがある場合は、Search Consoleにアクセスして、[セキュリティの問題]を確認してください。 Googleがハッキングされたページを発見したかどうかがわかります。

また、Googleのクエリ検索フィールドに「site:[サイトのルートURL]」と入力して、ハッキングされたページを発見することもできます。 Googleはインデックスに登録されたページのリストを返し、ハッキングされたページはすべてこのリストに含まれているはずです。通常とは異なるURLを探している検索結果の複数のページを確認してください。また、別の検索エンジンを使用して、ハッキングされたコンテンツがインデックスから削除された場合に、他のエンジンがそれらを表示するようにすることもできます。

クローキングを確認する

時々、これらのハッカーはあなたのサイトが日本の検索スパムに感染していないことを騙そうとします。コンテンツを隠蔽し、ハッキングされたページが修正または削除されたと思い込ませます。クローキングの一般的な方法は、ページが存在しないことを示唆するメッセージ(404エラーなど)を表示することです。

クローキングを確認するには、Search ConsoleのFetch as Googleツールにアクセスして、サイトのURLを入力します。このツールはあなたのために隠されたコンテンツを明らかにします。

日本のSEOスパムを修正する方法

日本語の検索スパムの影響を受けるサイトのクリーンアッププロセスに入る前に、まずそれをバックアップしてください。サーバー上にあるすべてのファイルをコピーし、サーバー外の場所に保存します。コンテンツ管理システム(CNS)を使用している場合は、データベースもバックアップします。

重要なファイルをすべてオフラインで保護した後、次の手順を使用して、サイトから日本のSEOスパムをブロックします。

  • Search Consoleに追加された新しいアカウントをすべて削除し、Search Consoleの確認ページに表示される確認済みのユーザーのみを残します。
  • .htaccessファイルを見つけて、完全に新しいバージョンに置き換えます。多くの場合、ハッカーは.htaccessルールを使用して確認トークンを作成し、意味不明なスパムページやリダイレクトユーザーを作成します。
  • 悪意のあるスクリプトとファイルを特定して削除します。
  • 次に、サイトがクリーンかどうかを確認します。

脆弱性を修正する方法を知ることは重要ですが、脆弱性を防ぐ方法を理解することはさらに重要です。日本のSEOスパムやそのタイプのその他のスパムからサイトを保護するには、定期的にサイトをスキャンし、パスワードを頻繁に変更し、2要素認証を使用し、CMS、プラグイン、モジュール、拡張機能を最新の状態に保ちます。常にサイトを監視して安全に保つセキュリティサービスに登録することをお勧めします。